image004 image002

2016年4月15日

報道関係者各位

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

株式会社インタラクティブメディアミックス

 

 

10周年を迎えたアイドルプロデュースゲーム「アイドルマスター」シリーズ新展開!

韓国での実写ドラマ「THE IDOLM@STER.KR(仮称)」制作に向け

キャストオーディションを5月中旬から韓国で実施!

 

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:大下聡)が展開する「アイドルマスター」シリーズは、韓国での実写ドラマ「THE IDOLM@STER.KR(仮称)」の制作に向けて、キャストオーディションを2016年5月中旬から韓国で実施します(ドラマの放映時期は未定)。「アイドルマスター」の実写ドラマ制作の動きはシリーズ初となる試みで、今後のオーディション実施および実写ドラマの企画・制作は株式会社インタラクティブメディアミックス(本社:東京都品川区、代表取締役:孫 一亨)が担当します。

 

■シリーズの世界観を生かして、ドラマ制作の過程でオーディションを実施するユニークな取り組み

image007実写ドラマ「THE IDOLM@STER.KR(仮称)」では、「アイドルマスター」の世界観を踏襲しながら、これまでシリーズで登場した舞台とは異なる韓国の芸能プロダクションを舞台に、新たなアイドルたちの成長、活躍、アイドル同士の友情を描いていきます(ドラマの放映時期は未定)。

「アイドルマスター」シリーズはバンダイナムコエンターテインメントが手がけるアイドルプロデュースゲームで、プレーヤーが芸能プロダクションのプロデューサーとなり、所属アイドルを育て、トップアイドルへと成長させていくゲームシステムが人気を博しています。「アイドルマスター」実写版の出演者を選ぶ本オーディションでは、「アイドルマスター」の大きな魅力のひとつであるプロデューサーとして「アイドルを育成する」要素を審査の過程に取り入れます。オーディションの過程では動画サイトやSNS等を通じて世界中からの投票を募り、最終的に上位15名の出演者を選抜する予定です。お客様にはドラマの作品世界と併せて、現実世界のオーディションで決定する方々がアイドルとして成長していく姿をお楽しみいただきます。本オーディションの応募要項等、詳細は特設WEBサイト(www.idolmaster-kr.com)をご覧ください。

 

■韓国で展開する新たな「アイドルマスター」

これまでも日本の漫画や小説における韓国でのドラマ化や、韓国ドラマの日本でのリメイクは盛んに行われてきましたが、日本発のゲームが韓国で実写ドラマ化されるのは今回が初の試みということもあり、今回の取り組みを通じて、「アイドルマスター」の世界観をモチーフとした、シリーズの新たな展開をお楽しみいただきたいと考えています。

 

10周年を迎えた「アイドルマスター」IPの新たな展開に、どうぞご期待ください。

 

 

【「アイドルマスター」シリーズ総合プロデューサー 坂上 陽三のコメント】

日本で多くの皆さんに愛されている「アイドルマスター」が、韓国ならではの新たな「アイドルマスター」として展開されるということは嬉しいニュースです。今回は「アイドルマスター」がドラマ制作のモチーフとなってオーディションからスタートしてアイドルとして成長していく、というこれまでにないユニークな取り組みです。「アイドルマスター」のファンのみなさんにもぜひ新しい仲間たちを応援してもらいたいと思っています。


 

【「アイドルマスター」シリーズについて】

image0092005年のアーケードゲームに始まり、家庭用ゲームやスマートフォン向けコンテンツ、ラジオ、テレビアニメ、劇場版、ステージイベントなどのクロスメディア展開を行っているアイドルプロデュースゲームです。アイドルたちとコミュニケーションをとりながら育成するゲームシステムや、個性豊かなキャラクター、ハイクオリティな楽曲が高い評価をいただいています。また、シリーズ作品として「アイドルマスター」「アイドルマスター シンデレラガールズ」「アイドルマスター ミリオンライブ!」「アイドルマスター SideM」などを展開、お客様の幅を広げ続けています。2015年にはシリーズ10周年を迎え、2015年7月に開催した10周年記念ライブでは延べ10万人が来場(事前物販・ライブビューイング含む)、9月より配信開始したスマートフォン向けアプリ「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」は配信開始3カ月で1,000万ダウンロードを突破しています。

 

○「アイドルマスター」公式WEBサイト: http://idolmaster.jp/

 

【株式会社バンダイナムコエンターテインメントについて】

IP(Intellectual Property =キャラクターなどの知的財産)を基軸に、ネットワークコンテンツ、家庭用ゲームソフト、業務用ゲーム機などの分野において、幅広いターゲットに向けてさまざまな商品やサービスをワールドワイドで提供しています。驚くようなアイデアで、どこよりも新しい技術で、今までにない新しい「アソビ」をカタチにする。そして何気ない日常を今よりずっと楽しく、世界中のお客様が笑顔でいられるような「アソビきれない毎日を。」の実現を目指しています。

 

○株式会社バンダイナムコエンターテインメント公式WEBサイト: http://bandainamcoent.co.jp/

 

【株式会社インタラクティブメディアミックス(IMX)について】

2002年2月に日本初の韓国ドラマネット配信を開始した韓国エンターテインメントビジネスの草分け的存在。同年秋に初の韓国ドラマロケ地ツアー、2004年4月には韓国俳優初の日本ファンミーティング(ぺ・ヨンジュン)、2010年にK-POPコンサート初の劇場公開、2011年に韓国ミュージカル初の日本公演開催など、常に新しいエンターテインメントの形を追求し、作りあげています。現在も多くの韓国ドラマなどを日本およびアジアの各種媒体に配給、配信するとともに、イ・ミンホ、ヨ・ジングなど韓国トップスターの日本国内でのファンクラブ運営・イベント企画・制作等を行っています。

 

○株式会社インタラクティブメディアミックス公式WEBサイト: http://www.imx.ne.jp/

○ブロコリWEBサイト: http://www.brokore.com/

 

※プレスリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

※著作権表記中の(C)は○の中にC の表記をしていただきますようお願いいたします。