Idol Master KR

有名なギャンブルイベント

Service Request Form

ギャンブルとは

賭博、価値のあるものの賭けまたは賭け、リスクの意識と利益の希望、ゲームの結果、コンテスト、または結果が偶然または事故によって決定されるか、または理由によって予期しない結果になる可能性のある不確実なイベント 賭けをする人の誤算の。

Call to Action

Built for small businesses that want a stronger online presence

アジア太平洋ゲームサミット

アジアパシフィックゲームサミットは2017年9月22日に日本の千葉県の東京湾幕張エルティアで開催されます

Learn more about our team

BitSummit

BitSummitは、インディーゲーム開発者コミュニティに捧げられた日本最大のゲームイベントです。 インディーMEGABOOTHが3度目となるこのイベントを共同で開催し、展示されるインディータイトルのラインナップのキュレーションを支援します。 BitSummitの主催者は、10,000人の出席者を迎えることを期待しています。

東京サンドボックス

東京サンドボックスは6歳のインディーゲームショーです。 秋葉原の中心部で開催され、150もの奇抜でクリエイティブな日本のインディーゲームを紹介しています。 ゲームショーはルーツに忠実であり、100%のインディールールを維持し、日本中のインディーズを愛するファンとゲームクリエイターの両方を魅了しています。

東京ゲームショウ

東京ゲームショー(TGS)は、新しいテクノロジーで進化するゲーム産業に取り組み、ビジネスの成功のためにアジアと世界に宣伝します。

Eスポーツ北アジアサミット

eスポーツB2Bに焦点を当てた日本で最初で唯一のイベントであるeスポーツ北アジアサミットは、eアジアのeスポーツの商業的可能性を解き放ち、eスポーツの戦略とビジネスモデルについて日本の最大のゲームデベロッパーから意見を聞く

Customer Accolades

Subscribe for VIP Discounts

"日本は多くのギャンブルゲームの家であり、ギャンブラーにとっても楽しい場所です。 賭けに参加する多くのギャンブルイベントがあります。"

-研  木場

ブログからの最新

あなたがおそらく知らなかった日本の賭博についての7つのこと

日本の賭博
日本は、各都市が衣服、食べ物、飲み物を提供しなければならないさまざまな文化的多様性で有名な郡です。いくつかの観光名所にも素晴らしい歴史があります。しかし、経済的にも文化的にも前向きな国は、カジノにとって有利ではありません。日本ではカジノギャンブルは禁止されています。これは、日本人がギャンブルを楽しむことを止めるものではありません。パチンコ、宝くじ、レースなどのギャンブルの他の形態は、ここ何年もの間、国を楽しませてきました。この記事では、日本でギャンブルに関して知っていると思われる7つのことについて説明します。

サッカーの試合に賭ける

ギャンブル活動の一環として、日本で行われるサッカーの試合に賭けることができます。それは新光くじと呼ばれ、勝利チームまたは両サイドのスコアに賭けます。通称「トト」。なんらかの理由で、日本人はこれらのサッカーの試合を賭けてお金を稼ぐことに不満を抱いていますが、2001年以来、それは非常に人気を博しています。彼らの皿の上。 ギャンブルの収益

ギャンブルの収益

カジノギャンブルは禁止されているため、競馬、自転車レース、ミニボートレースなど、他の形式のギャンブルがあります。これらの活動は政府によって管理されており、国の重要な収入源でもあります。国内ではこれらのギャンブル活動の人気が高まっているにもかかわらず、政府は日本のギャンブル組織への資金提供を最小限に抑えています。 1991年の5.5兆円から2001年には3.5兆円へと減少した。その結果、これらの活動による収益は急激に減少した。

日本の抜け穴

日本の法律の抜け穴が原因でギャンブル業界が有名になったのは驚くべきことです。パチンコパーラーは、リアルマネーではなく、ゲームの勝者にパチンコボールを提供します。ボールは、プレイするすべてのゲームで勝ち、削除することはできませんが、トークンと交換することができます。これらのトークンは、パチンコパーラーからさらに離れたブースでリアルマネーに変換されます。政府はそのような活動を認識しているが、彼らは目を向けないことに決めた。

マハジャン

MahajanはMahjongとも呼ばれ、公式にはギャンブルの形式ではありませんが、日本では一種と見なされています。ポーカーと同じようにテーブルが必要です。テーブルを予約して友達や家族とゲームをプレイできる特別な目的地があります。日本人はタイルを混ぜるときに大きな音を立てるので、家庭ではなくパーラーでこれらのゲームをプレイすることを常に好みます。 携帯ギャンブル

携帯ギャンブル

日本には多くの携帯電話賭博サイトがあり、人々はじゃんけん(ジャンク)のような最も単純なゲームでもお金を稼ぐことができます。このサイトの所有者は、このサイトから100万ドルを請求したときに逮捕されました。

宝くじ

ギャンブルでお金を獲得する伝統的な方法は、宝くじで有名になりました。ギャンブル活動は日本では合法であり、1500年代に初めて導入されました。しかし、その活動は、それに関連するいくつかの悲劇を記録した後、テンポ改革(1841-1843)中に禁止されました。しかし、ギャンブル活動は第二次世界大戦中に戻ってきました 競馬

競馬

これは、日本のギャンブル活動にとって重要な収入形態です。 1999年、日本は380億ドルを馬に費やしましたが、これはアメリカのそれに比べて3倍です。政府はまた、競馬活動によって生み出された利益から数十億ドルを稼いでいます。

2020ジャパンオープンポーカーツアーシーズン18

ポーカーツアー

この組織は、2011年にジャパンオープンと命名され、2014年にジャパンオープンポーカーツアー(JPT)に名称が変更されました。日本では、国内でのあらゆるギャンブル行為は禁止されています。一部のギャンブルゲームはいくつかのアリーナで許可されていますが、実際のお金でプレイされていません。ポーカーも日本で同様の状況に直面しています。ギャンブルに関する法律は厳格であるため、JPTは国内のポーカー愛好家に一定の特典を提供しますが、いくつかの明確な規則が続きます。トーナメントの勝者である最終賞には、ホテルの宿泊と交通機関を含むポーカーイベントへのパッケージが含まれます。イベントとトーナメント全体はPokerStarsが主催し、毎年マカオで開催されるポーカーオブアジアチャンピオンシップ、マカオポーカーカップ(MPC)、アジアパシフィックポーカーツアー(APPT)などのイベントも含まれます。その中で最高のシリーズの1つは、シーズン1の大阪と東京のツアーで、テキサスホールデムノーリミットに参加する18,000人のプレイヤーが参加しました。
ジャパンオープンポーカートーナメント2020シーズン18は、日本の東京で開催されることになっているポーカートーナメントです。日本で最も重要なイベントの1つとされており、年に6回程度開催され、韓国やフィリピンなど世界中から大会に参加しています。

ジャパンオープンポーカーツアーシーズン18

ジャパンオープンポーカーツアーシーズン18

トーナメントは毎年開催され、今年は2020年に東京で開催されることになっていた。イベントは東京の銀座BAGUSPLACEで行われることになっていた。ゲームの公式日程は、5月1日から4月4日までの3日間で発表されました。トーナメントはよく計画されていて、次のような特色のあるイベントでした。
•150バウンティの開始
•スター200
•ナイトスタック
•メインイベント。3日間で14のイベントが含まれます。

イベントカレンダー

5月1日:Stars 150 Bounty、NLH Turbo、NLH Hyper Turbo
5月2日:テキサスホールデムポーカー、ポットリミットオマハ、ナイトスタック、NLHターボ、NLHハイパーターボのメインイベント
5月3日:テキサスノーリミットホールデム、プラチナ、NLHターボバウンティ、6 +ハイパーターボ、MegaStack、およびFlipout 6-Max

 

2020ジャパンオープンポーカーツアーシーズン18がキャンセルされました

2020年5月に最初に行わなければならなかったトーナメントとイベントは、コロナウイルスの大流行の発生により中止されました。世界中の何千人ものポーカープレーヤーが参加するイベントであるため、委員会は、国全体と組織の利益のために、イベントをキャンセルすることをお勧めします。したがって、2020ジャパンオープンポーカーツアーシーズン18は正式にキャンセルされます。このイベントとは別に、アジア太平洋のイベントによって開催されたすべてのイベントも、旅行の恐れと組織のメンバーの安全を考慮してキャンセルされました。イベントのスケジュールを変更することに関するニュースはありません。ポーカーファンは、ポーカーの狂気を再び目撃するために、1年より少し長く待たなければなりません。

コロナウイルスがトリトンポーカー韓国のイベントをキャンセル

コロナウイルス

コロナウイルスの発生により、有名な韓国のトリトンポーカーのイベントが一時停止しました。コロナウイルスは、世界がこれまでに見た中で最も急速に蔓延しているパンデミックです。 COVID-19ウイルスの影響は、世界中の何百万もの人々の生活に影響を与えており、すべてのスポーツ活動に大きな後退を引き起こしています。
韓国のイベントであるTriton Pokerは、世界で最も高いポーカートーナメントの賭け金と見なされています。このイベントには、世界中のプロのポーカープレーヤーとポーカー愛好家が参加しています。しかし、主催者は世界中のトーナメントの試合を一時停止したり、代わりに世界中や中国のような近隣諸国でのコロナウイルスの大流行の発生によりイベントを完全にキャンセルしました。

このイベントは、2020年2月10日から2020年2月22日まで、韓国の済州にある済州神話世界のランディングカジノで開催される予定でした。 2020年1月に開催することが最初に決定されたとき、イベントがキャンセルされたのはこれが2回目です。COVID-19ウイルスの広範囲にわたる影響と状況を監視するための深刻さについて、主催者は、状態がさらに悪化すると、イベントは完全にキャンセルされます。

Triton Poker

Triton Pokerスーパーハイローラーシリーズ

シリーズは、2月20日に行われるはずだった1,000,000 HKDメインイベントを含む12のトーナメントを含む新しい日付が発表された後、2月に始まる予定でした。パンデミックの状況が管理されていて、訪問者が危険なく移動できるのが安全でない限り、イベントの日付は発表されません。 Tritonシリーズが行われない限り、Triton Pokerスーパーハイローラーシリーズモンテネグロはすべてキャンセルされます。

とはいえ、Trion Pokerは、発生のために中止された最初のスポーツトーナメントまたはイベントではありません。中国とマカオのニュース報道によると、ギャンブルの首都はゴーストタウンになり、ほとんどすべてのギャンブル活動が停止しています。

中国は人々が安全に移動できることを確認しており、国内のポーカールームやカジノルームの多くは明かりを見てきましたが、ポーカールームは無人のままです。これは、中国政府がオンラインギャンブル法の改革に注力する絶好の機会です。中国のギャンブルのルールと規制は、世界中で最も厳しい法律の1つです。この法律では、市民がオンラインカジノやポーカーゲームを楽しむことはできません。

発生は特定の国で大幅な減少を示しましたが、ピーク時にパンデミック上昇と戦っているインドのような国はまだあります。 Triton Poker South Koreaイベントの主催者は状況をレーダーで監視し、イベントを再スケジュールする機会を待っていますが、チャンスは非常にわずかです。とはいえ、キャンセルの危機に瀕しているポーカーシリーズはTritonだけではありません。

コロナウイルスの発生により、ベトナム、台湾、および世界中でイベントが開催されるワールドポーカーツアーも中止されます。

日本のゲーム業界の変革を評価する

ゲーム業界

日本は最も有望な新興ゲーム市場の1つであり、世界の他の国とつながるための最良の方法の1つです。総合リゾートへのアクセスを可能にする多くの規制があります。 IR法案は2016年に可決されました。日本での運営を支援するために統合されたリゾートを所有できるようにすることを日本政府に表明しています。 IR推進本部が設置され、新しい法律を制定するための指揮を執っています。サイズ、入場料、ライセンスの詳細を指定し始めたIRの実装があります。

最近では、すでにオープンしているカジノの管理と規制を担当する機関として設立された日本カジノ規制。これには、管理プロセス全体が取締役会の上に留まることができるようにすることも含まれ、ヤクザのような犯罪グループとの関係を防ぎ、中毒を抑制することに特別な注意が払われます。

主流の注意は日本人の間で高いままです

主流の注意は日本人の間で高いままです

リゾートへの親しみがまだないため、日本市場に亀裂が生じています。日本のメディアには、中国のギャンブル会社と接触した贈収賄スキャンダルが必要となる明らかな事例が数多くあります。日本では遅延が多くなる可能性のあるインシデントが多く、今後も高まるため、日本はその性質を非常に意識しています。

これは、メディアとのコミュニケーションが存在する主な理由の1つであり、IRに関する社会とのコミュニケーションは、市場での成功の鍵となるでしょう。 3%に制限する必要のある実際のカジノの床はたくさんありますが、3つしか設置されていないため、彼の一部が不均衡になる可能性があると言っても過言ではありません。パチンコパーラーの性質にもかかわらず、起こり得る多くの懸念があります。英国のギャンブル市場の10倍である1900億ドルの大規模な年を持っている人がたくさんいます。

この状況はパチンコ業界と共存することができ、ゲーム業界と共存できる日本社会の実証に役立ちます。これは、将来のオンラインゲームの場合とは異なります。ゲーム中毒は、IRムーブメントの最前線に配置することになります。ギャンブル依存症には多くの法律があり、政府が問題に対処することを望んでいます。パチンコはギャンブルゲームとは見なされていませんでしたが、2018年には、パチンコが一種のギャンブルとして公式に認められ、多くの人々に依存症を引き起こしました。

韓国でのギャンブルについて知っておくべきことすべて

韓国

北朝鮮と韓国の両方でのギャンブルは、パン屋のペストリーのようなものです。産地を除くすべての人が、珍味を味わうことができます。韓国のギャンブル規則では、韓国人がカジノが提供するギャンブル活動に参加することは許可されていません。自転車レース、オートバイレースなど、他のすべてのギャンブル形式は、合法化されたギャンブルの範疇に含まれます。しかし、カジノでのギャンブルは、韓国人を3年間の懲役に導き、外国での行為に甘んじていることが判明した場合、国から禁止することができます。

韓国でのギャンブル

韓国でのギャンブル

北朝鮮と南朝鮮と比較すると、賭博のルールはかなり異なります。北朝鮮と比較すると、韓国人にはギャンブルを選択できるさまざまなオプションがあります。陸上カジノはその1つです。韓国人は国中のどのカジノでもギャンブルを許可されていますが、外国のギャンブラーにはそのような制限はありません。
•オンラインカジノは利用できません
•ビンゴは禁止されています
•スポーツへの賭けはSports TotoおよびProtoによって提供されます。
•競馬が利用可能
•宝くじはLOTTO Co. Ltd.から入手できます。

北朝鮮は奇妙な法律や不合理な政治声明で有名です。比較すると、韓国は生き残るために必要な最小限の余暇を国民に提供しています。カンウォンランドカジノは韓国で最も有名で、ギャンブルの収益の半分を生み出しています。ほとんどの場合、韓国人はこれらのカジノでギャンブルをすることが許可されています。認可されたウェブサイトがそれを組織しない限り、韓国ではオンライン賭博は禁止されています。

刑法246条によると、法の下で発見された人は誰でも500万RKWまたは最大3年の懲役に処せられる。しかし、長年にわたり、日本政府はこれらのギャンブル活動に対する罰金と罰金を削減し始めました。 2012年、韓国の首都ソウルは、ポーカースターが主催する300万人のポーカートーナメントを主催しました。イベントの勝者

アンドリュー・キムは、1億4500万ウォンの一時金で家に帰りました。中国では、マカオが土地ベースのカジノでギャンブルをする唯一の選択肢であるため、国内のこれらの土地ベースのカジノの主な訪問者です。

韓国でのオンラインギャンブル

韓国でのオンラインギャンブル

すでに上で述べたように、オンラインギャンブルも国で制限されており、ルールは陸上カジノを連想させます。個々の報告と研究によると、北朝鮮はプラットフォーム上ですべての韓国人と中国人を追跡できるオンラインギャンブルサイトを開発しました。この活動は、国に収入をもたらしています。しかし、これらの活動は、一部のギャンブル愛好家が茂みの後ろに隠れることを止めていません。政府はまたこの場合、韓国人に有利なすべてのWebサイトをギャンブルからブロックし、インターネット接続の速度を低下させて、彼らが便利にプレイするのが困難になるようにスマートにプレーしています。

同じ理由で、プレーヤーはギャンブルネットワークにアクセスし、政府による追跡を防ぐためにVPNを含めています。

韓国でギャンブルはどのように、そしてなぜ変わったのですか?

ギャンブル

韓国ではギャンブルは常に問題の多い問題です。ギャンブルに関する法的問題の絶え間ない変化により、市民はなぜ不思議に思っています!韓国は、ギャンブルの現場で市民と外国人を区別する国の1つです。ギャンブルは国全体で1つのカジノでのみ許可されていますが、外国人にはさまざまな選択肢があります。法律は国に限定されるだけでなく、世界中の国民にも適用されます。したがって、韓国人は世界のどのカジノでもギャンブルすることはできません。

韓国のギャンブルの背景

国ではカジノギャンブルは禁止されていますが、レース、オートバイレースなどの活動がまだあり、人々の注目を集め、政府によって合法化されています。しかし、カジノギャンブルのルールは、隣国も韓国と協力しているため、先住民にとっての規制は複雑です。現在までに、韓国には23のアクティブなカジノがあり、その内の1つであるカンウォンカジノは、先住民がギャンブルゲームに参加できるようにします。それがスキー場にあり、ほとんどの韓国人にとって非常に高価であるという事実は、脅迫的な要素です。
第二次世界大戦後、賭けは国の重要なスポーツとギャンブル活動となり、すぐに彼らのライフスタイルに取り入れられました。

韓国におけるギャンブルの未来

しかし、世界のデジタル化と技術の進歩にもかかわらず、それ以来状況はそれほど変わっていないと言うのは驚くべきことです。

韓国におけるギャンブルの未来

今では韓国人-北と南の両方が馬、オートバイ、バイクなどに賭けることによって賭けることが許可されていることを知っています。しかし、カジノでの賭けに活用されていません。韓国人はまた、サッカー、野球、ゴルフなどのさまざまなスポーツに賭ける権利があります。国でギャンブルの儀式を禁止する1つの主な理由は、国民のギャンブル依存症のリスクを回避することです。ギャンブルに起因する中毒事件の多くは試合ではありません。国がその中の1つになるのを防ぐために、政府は国でそのような法律を施行しました。韓国人のギャンブルの問題のため、中毒率は他の近隣諸国に比べて高いと予想されています。したがって、国は主にカジノでのギャンブルの焦点を観光にシフトしました。この場合、州は収入を妥協せず、ギャンブル依存症から都市を守り、世界中から何千人もの観光客を魅了します。

スポーツくじの収益は、他のさまざまなスポーツに再投資されます。したがって、ゲームが国への賭博収入の半分の源を形成するので、近い将来にゲームへの賭けを禁止する兆候はありません。オンラインギャンブルに関しては、同じ状況が差し控えられます。一部のウェブサイトでは、韓国人のプレイをウェブサイトに入れることさえ禁止しています。

 

結論

上記の点から、国でのギャンブルの制限は、国民が依存症になることを禁止し、国の観光やアトラクションを盛り上げることでもあることがわかります。

韓国はポーカーに恋をした

カジノの目的地

Kポップカルチャーで有名な土地は、マカオや香港など、世界で最高のカジノ目的地の1つに囲まれています。国の人気と彼らがすべての文化をいかに歓迎するかにかかわらず、ギャンブルは国の静かな好ましくない場所にあります。韓国人は、国内だけでなく国外でもギャンブルを禁止されています。全国には約20のカジノがあり、ホテルのような公共の観光スポットや観光スポットにあり、観光客を刺激しています。

有名なカジノギャンブルゲームであるポーカーも、制限の狭間で該当します。ポーカーの人気が絶え間なく上昇しているため、韓国人の考え方を変えてポーカーを禁止から除外することはありませんでした。しかし、韓国人はポーカーの流行を促進する他の手段を見つけました。

韓国におけるポーカーの制限と法律

韓国におけるポーカーの制限と法律

カンウォンランドカジノを除き、国のすべての韓国人はカジノへの入場を禁止されています。この場所は、地元の人も含めて、あらゆる種類の訪問者や観光客を楽しませます。また、先住民がこのカジノに入る場合、ポーカー愛好家にとって悲しいことの1つは、カジノがテキサスホールデムをサポートしていないことです。しかし、政府はこれを回避するために法律と規制に継続的に取り組んでいます。この分野でのブレークスルーの1つは、韓国で開催されるポーカートーナメントであり、WPTN韓国、APPTソウル、および外国からの訪問者のみを厳密に許可する他のさまざまな国際イベントが開催されます。

しかし、ポーカーゲームでの影響を回避するために、ポーカー愛好家たちは、「ホールデムバー」の成長産業であるソウル市に希望の光を見つけました。彼らは、リアルマネーでプレーする2〜3つのポーカーテーブルで構成されるインターネットカフェを連想させるボードゲームカフェのライセンスを取得しています。地方当局と当局は施設を知っていますが、それらを閉鎖するために取られる厳密な行動はありません。

韓国でのポーカーの人気

韓国でのポーカーの人気

ポーカーは確かに、ギャンブルが許可されている他の国で最も人気のあるテーブルゲームです。しかし、韓国では、それは新たに発見された興味のようなものです。最近韓国人がポーカーに紹介され、まだゲームをすることを学んでいる人もいます。主な理由の1つは、ゲームを練習するために認可されたカジノが利用できることです。ただし、時間と人気のグラフを比較すると、ゲームの人気は今後数年間で急激に増加すると予想されます。チャンスとリスクを取る気がないポーカー愛好家のために、実践できるオンラインポーカーがまだあります。しかし、再び、お金には制限があります。一部のウェブサイトでは韓国のプレーヤーの入場を禁止しています。他のウェブサイトでは、プレー料金を支払う必要があります。

制限にもかかわらず、一部のポーカー狂信者はゲームへの愛情のために国外に引っ越し、インターナショナルポーカーフェスティバルやトーナメントに参加しています。 2015年12月、韓国とアジアのプレーヤーのグループが「チームコリア」を結成するためにグループ化しました。彼らがプレーしたほとんどのトーナメントでチームは際立っており、ジェウクシンやシムジェギョンなどの一部のプレーヤーも同じように人気があります。

ポーカーをプレイするのが好きですか? 日本で知っておくべきことはすべてここにあります

日本のポーカー

日本は、テクノロジーの普及とさまざまな分野での進歩という点で現代の国であり、ギャンブルには依然として保守的です。日本の刑法では、国民が国内でギャンブルをすることを認めていません。厳しい法律と規制にもかかわらず、合法と見なされる活動はまだいくつかあります-パチンコのような、競馬のようなレース、自転車レースなど。法律に基づき、日本でこれらのギャンブル活動を組織することにより、ほぼ4億ドルの収益が生み出されます。

日本のポーカー

ギャンブル活動に関する厳格な法律にもかかわらず、地下で行われる違法なギャンブルはたくさんあります。国内のヤクザマフィアが主にこれらをコントロールしています。ただし、それらのほとんどにはポーカーが含まれていません。理由は不明ですが、ポーカーはまだ日本で最もプレイされていないゲームです。外国人観光客だけが配置したと考えられており、日本人はそうではありません。しかし、近年では、国内のポーカープレーヤーの数が急増しています。日本のギャンブラーを歓迎するオンラインカジノにはかなりの数のポーカープレーヤーがいますが、同じ状況が陸上のポーカーサイトやパーラーには当てはまりません。

日本でのポーカー人気の増加

今では、ポーカーは日本ではあまり人気がありません。しかし、ゲームの人気は日々高まっています。金メダル国初のワールドシリーズオブポーカーで優勝した日本人ポーカープレーヤー、木原直也に感謝します。彼の勝利は多くの日本のギャンブラーの間でポーカーギャンブルの考えを導きました。しかし、法律はかなり厳しく、仲間のギャンブラーが国内のどこでも本物のお金でギャンブルすることを許可していません。これにより、ポーカーの他のセクション、つまりオンラインポーカーのセクションが表示されます。

統合されたカジノ

1971年のギャンブルに関する法律と規制により、オンラインギャンブルは日本では禁止されています。ただし、最近のシナリオによると、日本ではオンラインポーカーやギャンブルは一般的に禁止されていません。日本はオンラインギャンブルに目を向けません。彼らの市民の多くは少数のギャンブルサイトからブロックされていますが、それはギャンブラーにとっても国にとっても有利な状況です。

統合されたカジノ

当初から、日本の法律や立法は、彼らのルール作りに大きな変化を見てきました。日本政府は2016年から、陸上カジノの建設に関する法案を可決することに合意しました。 2018年、これらのカジノを「総合リゾート」に変える法案が可決されました。これらの統合されたリゾートはまた、ギャンブラーがリアルマネーでポーカーをプレイすることを制限しません。知人が同じテーブルに座ることは禁止され、仲間のプレイヤー間で公平なゲームプレイが保証されます。統合されたリゾートは日本人にとって恩恵となり、地域の入場料なしで最もエキサイティングなレクリエーションの目的地として機能します。この決定は、日本のカジノの需要の増加と、観光とエンターテインメントを念頭に置いて行われました。

日本のポーカートーナメントグループ

ポーカートーナメント

日本のポーカートーナメントグループ。これは技術的に進歩しており、現代の国は長い間ギャンブル法に不利な立場をとってきました。国はギャンブルをサポートしていません。レースの賭け、さまざまなスポーツへの賭けなどは、一部の人にとってはお気に入りの娯楽であり、多くの人にとってのキャリアですが、国が依然としてギャンブル法に懐疑的であるという事実は怖いです。パチンコや他の多くのギャンブルのような他の形式のギャンブルは、ギャンブルの収益の半分を占めています。これはまた、国に陸上カジノを設立するという政府の決定に光を投げかけました。

2018年、日本政府は、先住民族と外国人の両方の訪問者すべてにギャンブルを好む国に統合型カジノを開設することを決定しました。これは、ポーカー、ブラックジャックなどのギャンブルゲームの合法化があることを意味します。したがって、ポーカー愛好家はオンラインポーカーだけをプレイする必要はありませんが、カジノベースのポーカーをプレイする資格もあります。日本のトップ5ポーカートーナメントグループは次のとおりです。

OSAKA SPORTS-ただの楽しみ!! ⚾

OSAKA SPORTS-ただの楽しみ!! ⚾

大阪スポーツは、現在1984年のメンバーを誇る日本のパブリックグループです。このグループでは、サッカー、タッチラグビー、さらにはポーカーなど、日本でさまざまなゲームをプレイしたり賭けたりすることに興味がある人なら誰でも参加できます。このグループは最近ポーカーで人気を博しているため、ポーカーに人々を参加させることに熱心です。 15分でゲームの基本ルールを教えることを約束し、勝者には賞品が授与されます。

東京のボードゲームとアクティビティ

現在2183人のアクティブメンバーがいるパブリックグループです。このグループは、勝つためのスキルを必要とするすべてのカジノギャンブルボードゲーム、カードゲーム、およびその他のゲームの詳細です。もちろん、ポーカーはこのカテゴリーに分類されます。このグループは東京で最高のグループの1つとして知られています。

英会話+テキサスホールデム

このクラブは、東京にあるオープングループでもあります。彼らは彼らのスキルとゲームのプレイ方法を人々に教えることで知られています。それとは別に、このグループはネイティブスピーカーを歓迎し、彼らと毎日英語を話す練習をすることを約束します。クラブはテキサスホールデムを専門としています。グループにはメンバーが699人しかないため、グループは多くの場合、プレーヤー間で試合や試合を行い、ゲームについてよく知るための完璧なプラットフォームです。

 

幸運を手に入れよう!インターナショナルポーカークラブ

これは、はるかに34人のメンバーしかいない小さなオープングループです。日本はポーカーの合法化に躊躇しており、ゲームが最近人気を博しているので、これは皆が日本のポーカーのこつを手に入れることを歓迎する暖かいグループです。グループには15か国以上からのメンバーがおり、その名前を説明しています。このグループは、ラッキー29として広く知られ、国際的に多くのポーカーイベントやトーナメントを開催することで有名です。これらは、ゲームの法律と制限について初心者に教え始めるのにも最適な方法です。

チームコリアがマッチポーカーデビューの準備ができました!

チーム韓国

韓国は常にすべての文化と人々の像を歓迎してきた国です。しかし、ギャンブルとカジノのシーンは、韓国のギャンブル愛好家にとっては好ましくありません。とはいえ、国は外国の訪問者や観光客が国内の20のカジノの1つでゲームを楽しむことを妨げていません。このため、韓国ではポーカーなどのゲームをカジノに導入しています。しかし、全体的な状況の唯一の欠点は、韓国人がゲームに参加することが許可されていないことです。したがって、実際のお金を含むあらゆるギャンブル活動にふけることは、原住民にとってかなり恐ろしいことです。これはポーカー愛好家の何人かを国外に移動させ、国際的な試合やリーグに参加するためのチームを結成することを余儀なくさせました。その1つは、ポーカーで有名な「チームコリア」です。

国際マッチポーカー連盟

IFMPは、International Match of Federation of Match Pokerの略称であり、世界中でMatch Pokerトーナメントを手配するためにグローバルに活動している非営利団体です。この非営利組織の目標は、信条、カースト、またはセックスに対する差別のない、スキルと粘り強さのゲームであるマッチポーカーの人気を促進し、強化することです。チームコリアは、桃園市で開催された2019アジアネイションズカップに参加した韓国ポーカー協会から連盟に新たに紹介されました。

チョン・ヒョンソン

また、Sunny Jungとして広く知られている、世界的に有名なポーカープレーヤーで、韓国2019のマネーリストにあります。プレイヤーの人気は2003年から2008年にかけて上昇し、アジア全域でポーカーをプレーしていました。しかし、ACOPのメインイベントで一時金$ 561,228を獲得したとき、彼の需要はさらに高まりました。翌年、ACOPで2位を獲得し、アジアのポーカーで最高の成績を収めました。

ホン・ジンホ

ホン・ジンホ

ホン・ジンホは、以前はスタークラフトのプロゲーマーとして有名でした。彼は最近ポーカーを始めましたが、彼のスキルセットは一部のプロプレーヤーと一致することができます。彼は常に2番目の場所(ポーカーまたはスタークラフト)を確保することで有名です。彼はAPTメインイベントの準優勝者に選ばれました。

キム・ジヨン

ポーカーやギャンブルは、全体として男性用のお茶ではありません。女性も同様に才能があり、有名な選手になる可能性があります。女性プロのポーカープレーヤーであるKim Jiyoungが正義を成し遂げました。彼女は最近、2015年にライブポーカートーナメントに参加し始めたとき、ポーカーでキャリアをスタートさせました。彼女は2019年に第50回WSOPのレディースチャンピオンシップを獲得し、賞金は$ 167,308でした。

シム・ジェギョン、

シム・ジェギョン、

彼は韓国で有名なポーカープレーヤーである「シンバ」と呼ばれています。彼は常に韓国の史上最高のお金のリストの6位です。シンバは、APPTセブメインイベントのチャンピオンでもあります。また、2014年のEPTメインイベントで3位となり、賞金$ 103,256を獲得しました。